表示価格は税込です。

ZenFone 4 Max写真

ZenFone 4 MaxASUS

ライフ性能の充実が目覚ましい
コンパクトで使いやすいコスパモデル

総合評価

3.3

ZenFone 4 Max写真 ZenFone 4 Max写真 ZenFone 4 Max写真 ZenFone 4 Max写真 ZenFone 4 Max写真 ZenFone 4 Max写真 ZenFone 4 Max写真 ZenFone 4 Max写真
バッテリー
動画の連続再生時間による採点

4.3

価格
ワイモバイルの販売価格で点数化

5.0

カメラ性能
カメラマンがカメラ性能を採点

4.5

通信速度
Wi-Fi速度、SIMとの親和性で加点

2.1

ディスプレイ
ディスプレイの表現力を採点

4.0

ハードウェア
CPU、メモリ、ROM容量を元に採点

2.2

付加機能
搭載される付加機能によって加点

1.5

使い勝手
本体重量と操作性を総合的に採点

3.0

ZenFone 4 Max使用中の写真

大容量バッテリーで長持ち

ZenFone 4 Max使用中の写真

デュアルレンズを搭載

ZenFone 4 Max使用中の写真

リバースチャージ対応

おサイフ機能
ワンセグ・フルセグ機能
防水・防塵機能
急速充電機能
緊急速報メール機能
指紋認証機能

ZenFone 4 Max



機種代金
一括

6,384

テスト結果

Test Result

カメラ性能をiPhone 6sと比較

ZenFone 4 Maxで撮影したカメラテスト写真

ZenFone 4 Maxで撮影

比較テストiPhone 6sで撮影

iPhone 6sで撮影

超広角撮影対応のデュアルレンズを搭載

エントリーモデルでありながらデュアルレンズや超広角撮影に対応するといった具合に、ZenFone 4シリーズの特徴的な機能を搭載。ポートレートやセルフィー撮影で髪の毛の1本1本まで表現できるほど、細部までしっかりと記録できます。ASUSの独自機能「美人エフェクト」を併用することでセルフィー撮影の完成度をグンとアップ。暗所の撮影時も色味は適正で劣化や荒れも感じることはないでしょう。しかし、ZenFone 4シリーズの各モデルに搭載されるProモードは実装されていません。細かな設定に対応していないため、タップひとつで撮影できるオートモードで撮影する必要があります。

ZenFone 4 Maxで撮影した写真

CPU性能

過度な期待は禁物も日常使いなら必要十分

ZenFone 4 Maxに搭載されるCPUは、エントリーモデルで採用例の多い「Snapdragon 430」。ベンチマーク結果からも分かる通り、上位モデルと比較すると一歩及びませんが、よほどスマホに負荷を掛けない限り、力不足を実感することはないでしょう。販売価格を考慮すれば、「安くてしっかり動く」。質実剛健な1台と呼べるでしょう。

メモリ・ハードウェア

コンパクトボディーに秘められた性能は期待を上回る

搭載されるメインメモリが3GBと、一般的なエントリーモデル~ミドルクラスと同等の容量を持っているため、動作に不満を感じることはありません。本体はコンパクトで物理ボタンも右上に集中配置。手が小さくてもしっかり届き、操作に不満を感じることはないでしょう。ただし、大容量バッテリーを採用しているため、やや重量感があります。

総合評価

Total Value

充電知らずのタフさを誇るライフ性能が秀逸

ZenFone 4 Maxに搭載されるバッテリーは、4,100mAhと非常に大容量。上位モデルのように消費電力の大きなCPUやGPUではなく、実用性を保ちつつも消費電力が抑えられたものが採用されているため、卓越したスタミナ性能を誇ります。15分のチャージで約2時間もの通話ができるほど素早く充電できるため、急場も安心。過充電や入出力電圧の監視など、バッテリーをより安全に使いこなすための管理機能も充実しています。

ZenFone 4 Max使用中の写真
ZenFone 4 Max使用中の写真

他のスマホが充電できるリバースチャージに対応

いまや、複数台のスマホを持ち歩くのも珍しくない時代。万が一のバッテリー切れに備えてモバイルバッテリーを持つ方も少なくありません。しかし、大容量バッテリーを持つZenFone 4 Maxには、内蔵バッテリーを使って他の機器を充電する「リバースチャージ」機能が備わっています。付属のケーブルを使ってスマホはもちろん、モバイルルーターなどの機器も充電できるため、重いモバイルバッテリーを持ち歩く必要が無くなります。

忙しい現代のビジネスマンこそ選びたい1台

満充電で最大37日もの連続待ち受け、100時間以上の音楽再生に対応するなど、ライフ性能に優れたZenFone 4 Max。どれだけ使っても充電を気にせず使いこなせるのも魅力。また2基のSIMスロットを備え、DSDSに対応するほか、独立したmicroSDスロットを搭載することで、2つの電話番号を使い分けながら大容量のデータも保存可能。ビジネスもプライベートもアクティブにこなしたい人にこそ選んで欲しい1台といえるでしょう。

ZenFone 4 Max使用中の写真

ZenFone 4 Max



機種代金
一括

6,384